BUMP OF CHICKEN 「話がしたいよ」PVも観て…歌詞に込められた意味 本日フラゲ日!

BUMP OF CHICKENが久しぶりにテレビで新曲を披露するというので、「話がしたいよ」が、映画『億男』主題曲PV初解禁!

先行配信を、10月15日より各音楽配信サービスでスタート。

「話がしたいよ」歌詞の意味と感想。

街が立てる生活の音に 一人にされた

いつも多彩な生活をしているのに、いつも仕方なく感じられている。
私は都市の夜がいつあの孤独な姿を完全に受け入れることができることを知らないで、これは1人の憶測にすぎないのかもしれない…

ああ 君がここにいたら 君がここにいたら

話がしたいよ

あなたがここにいるなら.私はここであなたに付き添っています.もし君がここを離れるなら.では私を連れて行ってください。もしあなたは私を連れて行くことができないならば.私はここで待っていて、私はあなたを待っています。ただ永遠にあなたに付き添っていたいです.

自分の呼吸の音に 耳澄まして確かめた

命の存在の証明は呼吸をしていること心臓が動いていること、という表現の仕方。「カルマ」しかり、「アンサー」しかり、熱が出ること鼻が詰まることお腹が空くこと。

体と心のどっちに ここまで連れて来られたんだろう
どっちもくたびれているけど

弱さと強さとの葛藤。 自分でもどうすればいいか分からず。 でも、そんな今にとことん悲観してなくて。 だからこそ前に進むのが億劫になったり

抗いようもなく忘れながら生きているよ

ねぇ一体どんな言葉に僕ら出会っていたんだろう

鼻で愛想笑い 綺麗事 夏の終わる匂い

夏が好きだと言いながら、雨のにおいだけを忘れていた。

知らないことを知っています。あなたが去った日、世界はあなたの味です。

あなたの代わりに夏の味を守っていますが、あなたの味をとどめていません。

昔の夏の味が懐かしい。

それはあなたも知っている夏の味です。

あなたに刻まれている私の心は永遠に消える。

思い出! !

「話がしたいよ」関連動画

話がしたいよ 歌詞 出典
https://www.uta-net.com/song/257209/