「東京喰種トーキョーグール re」最終章 第2期ed曲 österreich「楽園の君」歌の歌詞とMVが公開されています!

テレビアニメ「東京喰種トーキョーグール:re」最終章第2期ED曲はösterreichボーカルの「楽園の君」が担当。

「楽園の君」の歌詞とMVが公開されています。

限定CDの表紙も公開されております
「楽園の君」MV

楽園の意味:基本解釈. 楽しいところ、地上の楽園.ギリシアの意訳,指天堂とは、エデンのことでもある。

  • 歌詞の意味と個人的な感想

「愛すること、叶わなくとも」私达は一生ずっとの出会いと见逃して、しかしいつもいくらかが长くてはいけないことがあって、まだ実现しないですでに枯れてしまったためです。孤独で长い人は、爱と爱に惯れません。 

「間違えたままぼくら生まれてきたね,帰り道も思い出せずに」

人生は道のようで、私达はすべてこの道の人です。

时には振り返って见て、何かを失ったような気がして、言い出せなくて、自分のしたことは正しいと感じて、心の中で思って、他の人もそうしていて、私はどうしてそんなにそう思っていますか?

道が行き着く頃には、そもそも何を間違っていたのか、何を正しくしていたのか、と思うかもしれない。

世界が私を受け入れてくれなくてもどうしたらあなたは私に何をしてくれるのか私を好きな人がいてくれればいいのに。

「何一つ赦せずに生きていくか 笑った顔も思い出せずに」人生の楽しみはもともと少ししかない。谁にでもあまりチャンスはなく、时间の流れの中で波に流され、快楽の涡の中で永远に溺れることを拒否する。一人を惜しみなく爱することもできなくて、いつも情热に満ちています。

私たちが幼い頃、条件が合えば、これが何回かできる機会があるかもしれない。大きくなれば、长くて、大気も息苦しくなる卑屈な生活である。纯粋な快楽のために大歓声を上げるのではなく、笑っても耻ずかしい部分がある。大人になってからのあなたは、何度か楽しそうに笑ったことを覚えていますか?