YUKI 新曲「やたらとシンクロニシティ」歌詞の意味と感想。|ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」主題歌!

YUKIがついに新曲をリリースすることになり、新曲は1月24日にリリースされることが决定した。

新曲はドラマ「QUEEN」の主题歌も担当!

歌詞のメロディーは本当に素晴らしい。📻🎶YUKIの声もとても力があって好きです。😍

今回の作品を一緒に見てみましょう。気に入っていただけるといいですね。


YUKI「やたらとシンクロニシティ」mv



YUKI 新曲「やたらとシンクロニシティ」歌詞の意味と感想。


愛する人を助けることができない人は、愛と愛を勝手に話してはいけない。

もちろん、助けは愛情と同じではないが、愛情は助けることを含まない。

人生にはいろな味があります~~酸味苦味塩辛い~~食べに行かない~~各中の味を永遠に知らない~。

何も体験しないと、何もわからない~。

苦しみがあってこそ甘みがある。

私は聞かない、あなたは言わない、これは距離です、。

私は聞きました、あなたは言いません、これは溝です、。

私は聞きました、あなたは言った、これは信頼です、。

私は聞かない、あなたは言った、これは依存して。

誰もが言ってくれなくても聞かないことがあるから、私が知りたくないと言いたい時には

私は毎日あなたに会うことができると思って、毎日メールを送って、電話するのではありません、。

そうすれば君のことだけが恋しくなる。

私はすべての猫はすべて魔法があると信じます、。

私がずっとわからなかったのは、私が猫を引き取ったのか、猫が私を彼女の生活に入れることを許可したのか。

猫が好きなら、人を愛したいからだという。犬のほうが好きだというのは、人に愛されたいからだという。


「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」予告