ONE OK ROCK「Wasted Nights」MVと歌詞の意味と感想!映画『キングダム』主題曲

今回ご绍介する新曲は、4月19日公开の日中合作映画『キングダム』の主题歌。

今回の主题歌は私の大好きなバンドのひとつONE OK ROCKが歌ったものです 😆

新アルバム『Eye of the Storm』は2019年2月13日に発売予定

ONE OK ROCKの歌はいつもポジティブだ 😳 フルーツサラダのような表紙


ONE OK ROCK: Wasted Nights [OFFICIAL VIDEO]


「Wasted Nights」歌詞の意味と感想。
あなたは生きている、生きているなら生きている。

私たちは最後には土一杯、ひとつまみの塵、。

少なくとも最後までここに立っていた。

足元の安定も感じられる。

心の声も聞こえる。

自分を見たり、自分を抱きしめたりすることもできます。

これでいいのですが、自分もっと良くなります。

生活に設置されたボタンは早退せず、一時停止もなく、早送りもしなかった。

それがその素晴らしさだったのだろう。

順風満帆ではありませんし、いつまでも落ちることはありません。

離着陸間の主導は我々自身であり,公平である.。

毎日太陽が昇る時、私は走る必要があります。

この狂気の年は成熟のふりをしないで、成熟している年齢は更に狂気をすることをしないでください。

すべての年には年をとってやるべきことがあるから,いつまでもむだに過ごすことを心配しないでください,

やりたいことがあれば、いつも意味があるかどうかを考えないでください。

人生は意味のないことをしてこそ、意味のある人生を得ることができる。

それに、たくさんのことは今やらないと、もう機会がないから。


映画『キングダム』予告映像


血が沸くのが楽しみだ