よくある妊娠準備問題

妊娠準備期間に入ると、多くの夫婦が緊張します。これを食べてもいいですか?それを作ってもいいですか?そこで、妊娠中の夫婦に最も多い基礎的な問題をまとめました。

1、同房後、何日間で妊娠かどうかを判断できますか?

同房後18日間または月経が7-10日遅れて来ていない場合は、妊娠しているかどうかを検査できます。精子と卵子が受精卵に結合した後、6-8日間で子宮内膜着床し、7-10日間で胎盤から分泌されたHCGを経て尿に入ることができます。この時の判断結果も科学的です。

2、今すぐ妊娠しないでください。

過度の体力や頭脳労働の後、情緒が激しく揺れ動く場合、病気中、酔った直後、避妊薬や放射性物質に接触した直後、早産や流産後はすぐに妊娠するのには適しません。

3、妊娠中は何が食べられませんか?

一般的には妊娠中は絶対に食べられないものはありませんが、夫婦の食事は栄養バランスがよく、ビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富なものを多く食べてください。また、砂糖の多いものを食べないように注意し、塩漬け類を控え、缶詰など添加物が多いインスタント食品を控え、お酒を控えてください。

4、葉酸を食べていないで妊娠して、影響は大きいですか?

母が葉酸を補充するのは主に胎児の神経管の奇形を予防するためで、葉酸は細胞の分裂成長と蛋白質の合成に重要な役割を果たしています。だから、健康な赤ちゃんを持つ第一歩は葉酸を補充することです。

妊娠期間の最初の3ヶ月は赤ちゃんの神経の発育の肝心な時期ですから、妊娠期間の3ヶ月の時に葉酸の切れを食べ始めたほうがいいです。

夫婦の中には健康な夫婦がいますが、半年から一年以上は正常な生活をしていますが、まだ妊娠していません。不妊かどうか疑問です。もし自分自身がこのような状況にあるなら、まず緊張しないでください。普通の不妊は治ります。最初にやるべきことは病院に行って医者に聞いてみます。最後に、みんなが健康な赤ちゃんを持つことを望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です