赤ちゃんの乳歯のケア方法を知っていますか?

多くのお父さんとお母さんは赤ちゃんが歯を交換しさえすれば、きれいで良質な歯を持つことができると思っています。実は、赤ちゃんの乳歯の期限は6-10年の時間があって、この時間は看護して適切にようやく虫歯と奇形の悩みを遠く離れることができます。歯の発育がよくないと赤ちゃんの顔に影響がありますよ

1、6ヶ月前に歯のケアをして、赤ちゃんの最初の歯を迎えます。

お父さんとお母さんは毎朝きれいなガーゼや綿のボールで水をつけて、赤ちゃんの口腔の粘膜をそっと拭きます。この時、赤ちゃんの口腔内に白い変な斑点があり、赤ちゃんが泣いたり騒いだりすることを発見したら、ガチョウの口傷かもしれません。直ちに医者にかかります。

2、6ヶ月-3歳、乳歯が萌え、歯のケアが始まります。

赤ちゃんの最初の歯は普通5~8ヶ月の時に萌えます。歯が生えると、赤ちゃんは歯茎が痒くなります。

歯が萌えたら、本格的な歯磨きを始めます。一日に少なくとも二回は歯磨きをします。掃除道具の選択には、指セットの歯ブラシや小頭の柔らかい毛の歯ブラシを選ぶことができます。また、歯の糸で歯の隙間の中の汚いものを掃除してくれます。フッ素入りの歯磨き粉を使うときは、お米の一粒程度に抑える必要があります。

3、3歳から6歳まで、赤ちゃんの歯を守る良い習慣を育てます。

歯のラインで歯の隙間の汚れをきれいにするように子供に教えます。いくつかの赤ちゃんの口の習慣を是正するために尽力しています。例えば唇をかむなど、これらの習慣は赤ちゃんの歯の配列が不揃いになりやすいです。虫歯を発見したら、歯医者に行きます。延びればするほど、悪くなります。

4、6ヶ月後、赤ちゃんの歯が抜け替わる時は注意深く保護します。

赤ちゃんは大人と同じように正しい歯磨き方法が必要です。毎回歯磨き時間は2~3分を保ちます。歯がぐらぐらしているのを見つけたら、硬いものを噛んで自然に抜けます。毎年一度歯医者に行ったほうがいいです。虫歯はすぐに修理しなければなりません。

すべての人にとって、小さい時だけ歯が健康で、成長した後に健康な歯を持つことができます。だから赤ちゃんの歯の健康問題に対して、お父さんとお母さんはきっと注意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です