お父さんとお母さんはどのように健康な教育方式を選びますか?

子供を教育するのは親の責任であり、家庭教育の質は子供の一生に影響します。お父さんとお母さんはしっかり閉めてください。

一、ゲーム教育法

ゲームは子供が生まれた後に特に好きなことです。子供が特に好きなゲームに出会ったら、彼らは積極的に参加して遊んで、時間を忘れてしまいます。

子供の遊びがどれほど幼稚であろうと、どんなに馬鹿げていても、知らず知らずのうちに彼らが直接または間接的に社会を勉強し、生活を学ぶ過程になります。そのため、ゲームをするのも家庭教育の中でとても良い方法です。

お父さんとお母さんは子供にゲームをさせる時、次の問題に注意しなければなりません。

1、ゲームの内容は子供の年齢と一致しています。年齢によって、心身の発展レベルが違ってきますので、赤ちゃんに違ったゲームを考えてあげます。例えば、4~5歳の子供は「ままごと」が好きで、7~8歳の子供は「警察がスパイを捕まえている」などが好きです。

一部のパパとママはいつも子供に年齢を超えたゲームをさせて子供の知能を開発するのはいい方法ですが、中の差が大きすぎないように注意してください。

2、選んだおもちゃは子供の特徴に合う。乳児期の子供は鈴を振って遊ぶのが適しています。幼稚園の子供は積み木遊びを始めます。男の子は拳銃や人形遊びが好きです。

同時に、違ったおもちゃ、機能も違っています。娯楽を主とするものもあれば、知育を主とするものもあります。鍛錬を主とするものもあります。そのため、おもちゃを選ぶ時は、病気に応じて薬を飲む必要があります。

二、読書教育

本は学生の全面的な発展に対して非常に大きな役割を果たしています。読書は子供の知力の発展に必ず触れるものです。今は多くの本が年齢別の子供に読まれています。これらは子供の全面的な発展を助けることができます。本を読む方法はお父さんとお母さんの経験と知識の不足を補うことができます。

まだ若い子供で、独立して読むことができない子供なら、お父さんとお母さんは赤ちゃんに本の話をして、それから子供に復唱させてもいいです。

自分で平易な本を読んだり、読んだりできる子供がいれば、次の仕事は読書の興味を高めて、読んでいるうちに読めるようにすることです。お父さんとお母さんは適当な時に子供に必要な読書の技術を教えます。同時に子供に適した本を選ぶように助けます。

三、映画、テレビを見て、ラジオ講座の教育を聞きます。

今はどの家にもテレビやラジカセがあり、さまざまなテレビチャンネルがあり、様々なラジオやテレビ番組が開催され、文化や娯楽が豊かになり、テレビやラジオ番組で多くの情報を得ることができます。

ですから、テレビを見たり、ラジオを聞いたりするのも、お父さんとお母さんが子供を教育する簡単で効果的な方法です。

テレビやラジオを利用して子供を教育する場合、以下の点に注意します。

1、子供が有益な内容を選択するのを助ける。テレビやラジオはマスコミとして社会全体のために奉仕しています。そのため、各種のテレビ放送の中で放送されている内容は特に複雑で、一部の内容は子供にとって何の役にも立たないです。子供自身はまだ能力と自己管理能力を選択していませんので、お父さんとお母さんはしっかりと管理してください。

2、子供の正常な学習と健康に影響してはいけません。子供がテレビを見たり、ラジオを聞いたりする時間をうまくコントロールしないと、お父さんとお母さんは子供がテレビを見る時間をコントロールできなくなり、結果として教育効果がないだけでなく、正常な学習に影響を与え、子供の健康を損なうので、お父さんとお母さんの皆さんは注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です